2018年10月28日日曜日

An ex-hedge fund manager's advice for when to buy after a stock market rout

オッサンKです。

米国株式市場は今週も下落しましたね。
私もかなりのボディーブローを喰らっております!!!痛い!!
笑ってやってください(もはや自虐的、、)。

ダウ平均も200日平行線を下に突破しており、Fear & Greed Indexは下記のようにExtreme Fearに振り切っています。MACDも赤線が上回っており、RSIは34まで低下していますから、日の目を見るのはもう少し先になるやもしれません。

先月までのBull Marketはどこに行ってしまったのでしょう?


(CNN Moneyより引用)



(StockCharts.comより引用)


さて、こんなひどい状況の最中で、我々のような米国株投資家はどういった行動を取ればよいのでしょうか?

果敢に買い向かうべきか?それとも一部でも売って避難すべきか?他に策はあるのか?


Barron's Webに、Ex-Hedge Fund Managerのアドバイスが掲載されていましたので、紹介します。


(Barron's onlineより抜粋して引用)

勝手に簡約・意訳すると、、、

「もし今現在どこかに賭けるとしたら、この第三期に比較的業績の良かった分野であったaerospace, defence and U.S. commercial constructionが良いだろう。

または、Do nothing and waitが良いだろう。我々は日々大量のデータを入手しているものの、ほとんどのデータはDo Nothingが良いと示唆している。

願わくば、株価が割安価格までさらに低下した頃に、少なくとも大胆に動けるよう今のうちに準備をしておくのが良かろう。」 とのことでした。

もちろん、一人の旧ファンドマネージャーの意見ですから、間違っていることも多々あります。

要は、「お前ら! この程度で狼狽売りするなよ!」と言いたいのでしょう。

-----------------------------

さて、私の今週の動向を報告します。金曜日に下の2つを追加購入しました。

A) IVV  約$2000ほど購入

B) VYM 約$2000ほど購入

最近の爆買いで追加資金が枯渇していますが、ちょいと頑張って捻出しました。

全ての銘柄が下落すると、もう何を追加購入すべきかわかりませんね。
よって個別株でなく、長期的に見て間違いのないETFにしました。

-------------------------

現状をまとめますと、、

1)米国版の退職金である403(b)は$292,358 でした(含み益の総額は今となっては不明ですが、給料天引き$18,500、職場からのMatching $12,000ほど、そして配当が年間を通して複利加算されます)。

― Blooomというロボアドと$9 /月で契約しており、2つの口座を約3ヶ月毎にリバランスしてもらっています。米国株、先進国株、新興国株、米国REIT、債券といった各種の投資信託ラインナップの中で、株式;債券=98:2と最もaggressiveに構成されています。

― 403(b)内での年間予想配当は$6,966です。

2)子供用の学費をNo Taxで運用できるNY529 college saving programは$57,779です(元金 $58,000)。2017年初から「初めて」の$‐221と「含み損」へと沈みました。OMG!?

― Growth stock index portfolio (VOOの投資信託版, 70%) >> Mid-cap stock index portfolio (30%)で運用中。
― 夫婦二人で$30,000/年まで資金投入可能。2018年度分は出資完了。
―$10,000まで税金控除可能。

3)Health Saving Account (HSA);VTSAX(=VTIの投資信託版)に$5,485あります(元金 $5,659)。わずかに―$174の含み損なり。

―$490/月ずつの給料天引き($6,700/年)と、職場からのマッチング$1000/年が資金源です。

4)2017年1月からFidelityで運用する自分年金は$238,123(自分、家内、息子のRoth IRAを含む)でした。
2017年から始めて$12,723の含み益です。今シーズンの下落により頂点から$20,000ほどのpaper lossですが、ここは長期投資家として我慢です。気にしない、キニシナイ。。

― 自分年金内での年間予想配当は$11,203 /yr($934/month)になりました。
 $12,000 /yr($1,000 /month)までもう少し!!

以上、運用総額は$593,745でした(これは上記1−4の総額のみであり、預金や不動産は含まれておりません)。

―合計した年間予想配当は$18,169です( $1,514/month )。
ありがたいことに、配当は増えてゆくばかりですね。

現在のようにシンドイ時は、未来の配当予想額をボーツと眺めて、一人静かにニヤニヤして気を紛らわせましょう(キモッ)。


参考までに、自分年金のPortfolioは以下の通りです。




敗者の総括;

今回も、上記の個人年金における全ての含み損を成績順に発表します。
(数少ない)読者の方々にとって、「他人の不幸は蜜の味」ですよね、きっと。
今回も下落幅が大きく拡大したままです。
愚かな奴!と、笑ってやってください。
(とはいえ、数年内にこれらの負け犬が一つずつ含み益への圏外に消えていく日を密かに夢見ています。Buy and Hold !!!)

なお、今回は久々に順位の変動がありました。

ワースト4位; British American Tobacco; BTI    -3.2%,   -$817

最近のCorrectionにより相場全体が下落する中で、Value stockであるBTIは、PMと同様にスルスル~っと上昇してきました。そして、Tがものの見事に沈む中で、上記の円グラフの配分トップに躍り出ました。

ロンドン株式市場であるFTSE上位のRDSやBTIは未だに安値で放置されています。Brexitはいまだ不透明であり、Hard Brexitも視野に入っているせいですね。英国銘柄は今も仕込み時です。


ワースト3位;AT & T ; T -17.7%,  -$5,205

永遠の不発弾Tは相変わらずの含み損というか、今回の決算を受けてさらに下落(−8%!)しました。これで11月1日の配当日以降も低空飛行が続きそうです。そして配当でメデタくDRIPとなり、含み損がわずかに減るという目論見です。

実を言うと、Tは株式を始めてすぐに購入し始めました。まさにタイミングを誤って購入しましたね。こういったミスは長期保有と底値付近での追加購入により解決するしかありません。

もう少し待って更に買い増しを考えますが、あと何年経てば含み益へと転化してくれるのでしょうか??株価がこのままだと仮定して、どうやら3年分の配当を加味しても足りない様子。。


ワースト2位;  Vector group;VGR    -19.9%,   -$1,341

Value stockでもあるVGRが、どうにか踏み留まっています。今週の嵐の中で、先週と同じ爆損をKeepしています。今はDead moneyと化していますが、どうやら底値は見えたようです。

Financial dataを見てみると、VGRのNet incomeは(少ないけれども)4%台後半を維持しており、Free cash flowも3年連続で増えていますから、世間からの「美人投票」は気にせずに、高配当が続く限りはHOLDで行きます。



ワースト1位;Tencent; TCEHY   -20.4%,  -$2,842

今回、ワースト1位を奪取しました!!(号泣)
TCEHYがまだまだ絶賛下落中です。まさにFalling Knifeであり、試練の時期です。
200日移動平行線とクロスする$31までもう少しです。


―残り全ての銘柄は、どうにか含み益を維持しています。


どんなに不安定な時期でも、各社から配当金が入り再投資できるのは有り難いものですね。

皆さんも、相場から逃げ出さずに喰らいついて行きましょう。

今後も、米国での投資・退職金を取り巻く現状や、私が学んだ投資に関する豆知識などを情報発信していきます。

モチベーション維持のためにも、訪問ついでにポチッとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

2018年10月20日土曜日

It's time to bet on British stocks - Even with Brexit looming.

オッサンKです。

米国株式市場は今週も方向性を欠いていますね。

Fear and Greed Indexは未だに14ですからExtreme Fearの粋を超えていませんし。

さて今週は、British stocksについてです。


(本日のBarron's onlineより引用)

「英国株に賭けるには良い機会である。

英国経済は力強く、英国株は米国株に比べて格安で放置されている。Brexitが実現すれば、英国株は再び人気を取り戻すであろう。」

FTSEの中でも、BP、Diageo、Lennarが上記の記事で取り上げられています。

私も、これに同意します。
個人的には、FTSE上位の常連であるRDS.BとBTIが格安で放置されているので、せっせと買い増しています。特にBTIは素晴らしいCash marginを維持しつつ、5 yrs lowに肉薄しているので、今が非常にお買い得でしょう(投資はあくまで自己責任でお願いします)。

タバコはどうも好かん!、、という方も多数いるはず(私も大大大嫌い!)ですが、嗜好と投資は別物であり、ここに私情を挟むのは禁物だと思います。喫煙者からの迷惑な煙ではなく、配当を美味しくいただきましょう。


-----------------------------

さて、私の今週の動向を報告します。

A) CVS  約$2500ほど購入

B) BTI  約$2600ほど購入

最近の爆買いで追加資金が枯渇してきました。
この辺りで一息つかねばなりません(汗)。

-------------------------

現状をまとめますと、、

1)米国版の退職金である403(b)は$301,464 でした(含み益の総額は今となっては不明ですが、給料天引き$18,500、職場からのMatching $12,000ほど、そして配当が年間を通して複利加算されます)。

― 403(b)内での年間予想配当は$6,944です。

― Blooomというロボアドと$9 /月で契約しており、2つの口座を3ヶ月毎にリバランスしてもらっています。
最もAggressiveな内容で、株式;債券=98:2の割合です。

2)子供用の学費をNo Taxで運用できるNY529 college saving programは$60,290です。2017年初から始めて$2,290の含み益です。今回の下落で、何と$4,000も減ったままです。。。

― Growth stock index portfolio (VOO, 70%) >> Mid-cap stock index portfolio (30%)で運用中。
― 夫婦二人で$30,000/年まで資金投入可能。2018年度分は出資完了。
―$10,000まで税金控除可能。

3)Health Saving Account (HSA);VTSAX(=VTIのFund版)にCashを含めて$5,412あります。

―$490/月ずつの給料天引き($6,700/年)と、職場からのマッチング$1000/年が資金源です。

4)2017年1月からFidelityで運用する自分年金は$243,055(自分、家内、息子のRoth IRAを含む)でした。
2017年から始めて$21,655の含み益です。今回の下落で$10,000以上も失いましたが、長期投資家として、ここは我慢のみ。

― 自分年金内での年間予想配当は$11,088($924/month)になりました。
 ようやく$10,000/yearを突破し、$12,000($1,000/month)までもう少し!!

以上、運用総額は$610,221でした(これは上記1−4の総額のみであり、預金や不動産は含まれておりません)。

―合計した年間予想配当は$18,032です( $1,503/month )。
ありがたいことに、配当は増えてゆくばかりですね。


参考までに、自分年金のPortfolioは以下の通りです。




敗者の総括;

今回も、含み損を成績順に発表します。
(数少ない)読者の方々にとって、「他人の不幸は蜜の味」ですよね、きっと。
今回も下落幅が大きく拡大したままです。
愚かな奴!と、笑ってやってください。
(とはいえ、数年内にこれらの負け犬が一つずつ含み益への圏外に消えていく日を夢見ています。Buy and Hold !!!)

ワースト4位;AT & T ; T -7.0%,  -$2,063

永遠の不発弾Tは相変わらずの含み損です。11月1日の配当日まで、このまま低空飛行を続けてもらいたいものです。そして配当でめでたくDRIPとなり、含み損が減るという目論見です。確か12月6日にT側のAppealの期日が決まったとの情報を目にしました。


ワースト3位; British American Tobacco; BTI    -8.4%,   -$2,222

BTIは未だに出血大セール中で、含み損の記録を更新中です。まだ配当が6%を超えたままで、Tよりも高いです!!11月20日の配当日まで低空飛行を続けて欲しいですね。

ロンドン株式市場であるFTSE上位のRDSやBTIは未だに安値で放置されています。Brexitはいまだ不透明であり、Hard Brexitも視野に入っているせいですね。英国銘柄は今が仕込み時でしょう。


ワースト2位; 

Tencent; TCEHY   -14.3%,  -$1,991

TCEHYがまたもや絶賛下落中です。めでたくワースト2位まで上昇しました。ここは我慢の時期です。新興国銘柄は、今が仕込み時とも言えます。
200日移動平行線とクロスする$31まで下落する可能性が出てきました。ワースト1位も間近かも?


ワースト1位; Vector group;VGR    -19.9%,   -$1,341

VGRが爆損を更新しています。ここまで撃沈されると、このまましばらく続いて欲しいですね。ブログ上のネタを提供するという意味でも、未来のDividendsまで辛抱するという意味でも。
これはRoth IRA枠内のみの投資と決めているので、DividendsのDRIP以外、当分は様子見となります。まさに、Dead moneyと化しています。

でも久々にFinancial dataを見てみると、VGRのNet incomeは(少ないけれども)4%台後半を維持しており、Free cash flowも3年連続で増えていますから、世間からの「美人投票」は気にせずに、高配当が続く限りはHOLDで行きます。


―残り全ての銘柄は、どうにか含み益を維持しています。


どんなに不安定な時期でも、各社から配当金が入り再投資できるのは有り難いものですね。

皆さんも、相場から逃げ出さずに喰らいついて行きましょう。

今後も、米国での投資・退職金を取り巻く現状や、私が学んだ投資に関する豆知識などを情報発信していきます。

モチベーション維持のためにも、訪問ついでにポチッとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

2018年10月13日土曜日

The stock market is dropping, which means it could be time to go shopping.

オッサンKです。

(CNN moneyより引用)

いやー、今週は大変でしたね。なんとFear & Greed Indexが一桁まで下がりました。

待ちわびた(?)Correctionが突然やってきました!!
今年の2月や4月以来です。

今回は急激な長期金利の上昇を受けて、全セクターがもれなく出血大バーゲンセールとなりました。Barron's Onlineでも「特にBearishになる理由はないから、一時的なものに過ぎない。Inverstorsは何かを恐れているが、それが何かは分からない」とも書かれてありました。

閉店間際のタイムセールにめっぽう弱い、オッサンとしては鼻血が出そうになるほど久々に興奮しました。

こんな時期に来るのなら、ちょっと前に投じた529 planへの出資を少しだけ後にずらせばよかったのに、、、と、ボヤいても後の祭りです。

未来は恐らく誰にとっても予測不可能です。
もちろん、来週はもっと下がる可能性すらあります。このなんとも言えないリスク、たまりませんね。でもDGI、長期投資家を目指して、10−20年後を見据えた行動をします。
あくまで「BUY and HOLD」が基本です。


皆さんは、いかがでしたか?

私の場合は、「ど れ に し よ う か なー?」と、銘柄選びで結構忙しかったです。
結局、大金を投じてかなり沢山のお買い物をしてしまいました。やはりCash positionは大切です。
「Cashを大量に持っていてもインフレに負けるから、、、」などと言われても、今回のような有事の際に、結局はCashが絶好の切り札になります。

普段から、どの銘柄がどの程度の値段になったら投資するか?、どのように配分を持っていくか?、などのシミュレーション(妄想?)をしておくことの重要性を痛感しました。

-----------------------------

さて、私の最近の動向を報告します。幸いにも来年の10月までは売買費用なしの期間なので、こまめに買い増しました。よって、総額のみを列挙します。

本当は「あれもこれも欲しい!!」と沢山の銘柄に目移りしていましたが、買い増しするだけで我慢しました(泣)。

A) IVV  約$6000

B) VYM  約$3000

C) BTI  約$3000

D) CVS 約$2000;ついにCVSとAetnaの合併が承認されました。それを受けて、買収する側のCVS株価が教科書通りに下がりました。

E) T  約$1000

F) RDS.B  約$1000

G) VTSAX (=VTI) $4200 inside HSA plan


(日経新聞電子版より引用)
-------------------------

現状をまとめますと、、

1)米国版の退職金である403(b)は$302,166 でした(含み益の総額は今となっては不明ですが、給料天引き$18,500、職場からのMatching $12,000ほど、そして配当が年間を通して複利加算されます)。

― 403(b)内での年間予想配当は$6,944です。

― Blooomというロボアドと$9 /月で契約しており、2つの口座を3ヶ月毎にリバランスしてもらっています。
最もAggressiveな内容で、株式;債券=98:2の割合です。

2)子供用の学費をNo Taxで運用できるNY529 college saving programは$60,621です。2017年初から始めて$2,621の含み益です。今回の下落で、何と$3000も減りました。。。

― Growth stock index portfolio (VOO, 70%) >> Mid-cap stock index portfolio (30%)で運用中。
― 夫婦二人で$30,000/年まで資金投入可能。2018年度分は出資完了。
―$10,000まで税金控除可能。

3)Health Saving Account (HSA);Cashで$5,413あります。VTSAX(=VTIのFund版)に$4200分を投じました。

―$490/月ずつの給料天引き($6,700/年)と、職場からのマッチング$1000/年が資金源です。

4)2017年1月からFidelityで運用する自分年金は$236,865(自分、家内、息子のRoth IRAを含む)でした。
2017年から始めて$20,465の含み益です。全盛期と比べて$10,000以上も失いましたが、長期投資家として、ここは我慢のみ。

― 自分年金内での年間予想配当は$10,959($913/month)になりました。
 ようやく$10,000/yearを突破し、$12,000($1,000/month)までもう少し!!

以上、運用総額は$605,065でした(これは上記1−4の総額のみであり、預金や不動産は含まれておりません)。

―合計した年間予想配当は$17,903です( $1,492/month )。


参考までに、自分年金のPortfolioは以下の通りです。




敗者の総括;

今回も、含み損を成績順に発表します。
(数少ない)読者の方々にとって、「他人の不幸は蜜の味」ですよね、きっと。
今回は下落幅が大きく拡大しました。。。
笑ってやってください。

ワースト4位;AT & T ; T -8.7%,  -$2,578

永遠の不発弾Tは相変わらずの含み損です。「待ったがかかっているTime Warnerとの合併認可のために、CNNを売りに出すことも考えている」というCEOのコメントが飛び出しました。まさにトランプ対策ですが、ただのコメントに過ぎないはずです。



ワースト3位; Tencent; TCEHY   -9.1%,  -$1,275

TCEHYがまたもや絶賛下落中です。ここは我慢の時期です。新興国銘柄は、今が仕込み時とも言えます。




ワースト2位; British American Tobacco; BTI    -9.3%,   -$2,209

BTIは未だに出血大セール中で、含み損の記録を更新中です。今回の下落で、何と配当が6%を超えました。Tよりも高いです!!
ロンドン株式市場であるFTSE上位のRDSやBTIは未だに安値で放置されています。英国銘柄は今が仕込み時ですね。




ワースト1位; Vector group;VGR    -22.8%,   -$1,531

長期金利の急上昇による煽りを受けて、VGRが爆損を更新しています。ここまで撃沈されると、このまましばらく続いて欲しいですね。ブログ上のネタを提供するという意味でも、未来のDividendsまで辛抱するという意味でも。。タバコと不動産投資の全く趣旨の異なる二足のわらじを履くという、意外性のある会社への世間からの期待度は下がるばかりです。

これはRoth IRA枠内のみの投資と決めているので、DividendsのDRIP以外、当分は様子見となります。まさに、Dead moneyと化しています。。Dividend cutしないでー。

―残り全ての銘柄は、どうにか含み益を維持しています。


どんなに不安定な時期でも、各社から配当金が入り再投資できるのは有り難いものですね。

皆さんも、相場から逃げ出さずに喰らいついて行きましょう。

今後も、米国での投資・退職金を取り巻く現状や、私が学んだ投資に関する豆知識などを情報発信していきます。

モチベーション維持のためにも、訪問ついでにポチッとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

2018年10月7日日曜日

他人の不幸は蜜の味?;2018年10月第1週の運用総額は$610,533でした。

ご無沙汰しております。オッサンKです。



Google Webより引用。


これはマンハッタンのダウンタウンの夕焼け風景です。どうやらEast river上から撮影されたようです。

中央にそびえ立つのは、One World Trade Centerです。9 11で倒壊したTwin Towerの跡地に建設されました。モダンな外観と展望階からの眺望により、数多くの旅行客を魅了しています。

私はこのビルまで歩いて行ける範囲のビルの狭間に、ひっそりと生息しています。


-----------------------------

さて、私の最近の動向を報告します。

いやー、米国長期金利の急上昇を受けて、今週の株式市場は大荒れでしたね。私も散々でした。。。

A) 52 weeks lowを絶賛更新中のBTI $4,000相当を追加購入しました。

B) 52 weeks lowを絶賛更新中のTCEHYを$1000ほど購入しました。
-------------------------

現状をまとめますと、、

1)米国版の退職金である403(b)は$313,476 でした(含み益の総額は今となっては不明ですが、給料天引き$18,500、職場からのMatching $12,000ほど、そして配当が年間を通して複利加算されます)。

― 403(b)内での年間予想配当は$6,944です。

― Blooomというロボアドと$9 /月で契約しており、2つの口座を3ヶ月毎にリバランスしてもらっています。
最もAggressiveな内容で、株式;債券=98:2の割合です。

2)子供用の学費をNo Taxで運用できるNY529 college saving programは$63,282です。2017年初から始めて$5,282の含み益です。

― Growth stock index portfolio (VOO, 70%) >> Mid-cap stock index portfolio (30%)で運用中。
― 夫婦二人で$30,000/年まで資金投入可能。2018年度分は出資完了。
―$10,000まで税金控除可能。

3)Health Saving Account (HSA);Cashで$5,413あります。$490/月ずつの給料天引き($6,700/年)と、職場からのマッチング$1000/年が資金源です。

― 金額が少ないので、そのうちVOOに投資予定。

4)2017年1月からFidelityで運用する自分年金は$228,362(自分、家内、息子のRoth IRAを含む)でした。
2017年から始めて$27,962の含み益です。キツイですねー、またもや$30,000陥落です。

― 自分年金内での年間予想配当は$10,382($865/month)になりました。
 ようやく$10,000/yearを突破し、$12,000($1,000/month)までもう少し!!

以上、運用総額は$610,533でした(これは上記1−4の総額のみであり、預金や不動産は含まれておりません)。

―合計した年間予想配当は$17,326です( $1,444/month )。


参考までに、自分年金のPortfolioは以下の通りです。




敗者の総括;

今回からは情報明瞭化のためにも、含み損を成績順に発表することにします。
(数少ない)読者の方々にとって、「他人の不幸は蜜の味」ですよね、きっと。


ワースト4位;AT & T ; T -4.0%,  -$1,156

これまで長らく維持してきたワースト1位の座をめでたく他銘柄に譲り渡しました。
永遠の不発弾Tは相変わらずの含み損ですが、スルスルーと緩徐に上昇してきました。これなら3回分のDividendsでチャラにできるだけでなく、何と含み益へと転ずることも可能です。でも逆に言えば、6%という破格のDividendのセールは終了し、買い時を逃したことになります。嬉しいような悲しいような。。。



ワースト3位; Tencent; TCEHY   -6.6%,  -$923

TCEHYがまたもや絶賛下落中です。とうとう−6%の含み損を抱えるまでに成長?してしまいました。懲りずにFalling knifeを掴みに行きましたが、この先はどうなるんでしょうか??$40がサポートラインだと思っていたのですが、ここは我慢の時期です。

アリババ(BABA)も出血大バーゲンセール中ですが、私にはそこまでの余裕資金はありません。お好きな方はどうぞ。



ワースト2位; British American Tobacco; BTI    -7.2%,   -$1,502

BTIは未だに出血大セール中で、含み損の記録を更新中です。表向きは、追加購入により株数を増やして、cost basisを下げることが出来ました。とはいえ、「あの」Tをあっと言う間に抜き去り、瞬く間にワースト2位まで急成長を遂げました。Brexitの不透明感なども影響しているようですが、Wide moatである経営状況そのものには影響ないでしょう。

恥ずかしながら、どんどん下落するのを横目に、資金を次々と投入してしまいました。ここまで来ると、アホなガキのように意地になっているだけにも思えてきます。Dividend growth investor;DGIとして、「これで良いのだ」と自らに言い聞かせています。

もうすぐ、上昇気流へと転ずる筈です。



ワースト1位; Vector group;VGR    -20.1%,   -$1,349

長期金利の急上昇による煽りを受けて、VGRが爆損を更新しています。ここまで撃沈されると、このまましばらく続いて欲しいですね。ブログ上のネタを提供するという意味でも、未来のDividendsまで辛抱するという意味でも。。タバコと不動産投資の全く趣旨の異なる二足のわらじを履くという、意外性のある会社への世間からの期待度は下がるばかりです。

PMやMOへはTail windが吹いてきたようですが、BTIとVGRは沈んだままです。。せめてDividend cutだけはしないで欲しいです。仮に株価が同じとして、向こう2年間のDividendsをDRIPすればトントンになりますが、2年って長いですよねえ。

これはRoth IRA枠内のみの投資と決めているので、DividendsのDRIP以外、当分は様子見となります。


―残り全ての銘柄は、どうにか含み益を維持しています。


どんなに不安定な時期でも、各社から配当金が入り再投資できるのは有り難いものですね。

皆さんも、相場から逃げ出さずに喰らいついて行きましょう。

今後も、米国での投資・退職金を取り巻く現状や、私が学んだ投資に関する豆知識などを情報発信していきます。

モチベーション維持のためにも、訪問ついでにポチッとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング